知っておくべき任意売却という方法

知っておくべき任意売却という方法

任意売却を行えば、今住んでいる家から立ち退く必要も出てきますね。 ただ、任意売却を行う方の多くは金銭的に切迫していますので、引っ越し代金さえ捻出できない方がほとんどです。 このような場合、どのように引越しを行うか困ってしまいますね。 ただ、任意売却の場合には、引っ越し代金を債権者に認めてもらうことも可能です。 この引っ越し代金については法的にもらえる権利はないのですが、任意売却を行った場合、多くのケースで引っ越し代金を認められています。 また、家を購入した買主によっては、立ち退き料などの支払ってくれる場合もあります。 引っ越ししたくてもその料金が払えないという方は、任意売却業者に相談したうえで、任意売却の手続きを行ってみるとよいでしょう。

 

競売手続きに入った物件の任意売却

ローンの支払いが滞って、債権者が債権の回収のために競売を申立てた場合であっても、申立てが取り下げられれば任意売却は可能です。 しかし、既に申立てられている競売を、債権者が取り下げてまで任意売却に応じる可能性はあまり高くありません。 なぜなら、任意売却をするには債権者が諸費用の負担をしなければならないうえに、任意売却で必ずしも競売より高い値段の売却が行われる保証すらないからです。 確かに任意売却は競売よりも高い金額で売れることが多いのですが、トータルで考えてメリットが大きいほうを債権者は選ぶということです。 実際のところ、入札が行われるまでは競売の申立てを取り下げることは可能ですが、債権者を納得させる理由を提示するのが難しいため、競売になる前に任意売却を進めなくてはなりません。

 

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar