任意売却は精神的にも金銭的にもメリット大

任意売却のメリット、競売のデメリット

住宅ローンの滞納ですが、どの程度まで平気なのかという事を気にされる方も多いでしょう。

例えば、1カ月や2カ月程度でしたらまだ問題はありません。
すぐに債権を一括で回収するように求められるわけではありません。
しかし、3カ月以降はかなり危なくなります。
仮に3カ月以降になりましたら、任意売却については少しは考えておきましょう。

最大で6カ月程度の滞納まで待っていただけることもありますが、それ以上は返済を迫られてしまいます。
任意売却についてすでに作業を開始しておく必要があります。
任意売却は早めに対応すべきものです。

やはり目行うことでまだしさんなどをある程度蓄えた状態で任意売却が可能です。
一方で粘ってしまいまして、ぎりぎりまで返済をしようとすると試算もない状況で任意売却になります。

3カ月経つと同時に任意売却の専門業者に相談するようなことを始めるのがお勧めです。

 

任意売却後の残債について

任意売却するとしてもいくつか気になることがあるはずです。

いくつか気になるところですが、非常に難しいところではあるのですが残債についてです。
どのくらい残債が残るのかによっても対応がかなり変化しているはずです。

そこで任意売却後に残債が出てきてしまった場合ですが、まず住宅ローン会社や金融機関に返済しなければいけないわけではないと覚えてください。

そういったところから債権がほかに引き継がれているのです。

それはサービサーです。

サービサーですが任意売却とはかなり深いかかわり合いがあります。債務者はサービサーと交渉して債務整理を進めるからです。

任意売却後の残債の返済ですが、交渉次第では毎月5,000円から30,000円ほどの返済で解決させることが可能です。

任意売却をして残債が残っても対処できると認識しておけば間違いありません。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar