不動産競売と比較した任意売却のメリット

任意売却は経験豊富な業者に依頼を

不動産競売と比較した任意売却のメリットとして一番大きなものは、任意売却の方が競売よりも高く売れる可能性があるということです。任意売却は通常の不動産と同様に一般市場で売却活動を行うことになります。そのため住宅ローンの検討や、室内を見て回ってより多くの人に検討してもらえる機会があります。これに対して競売の場合、室内を見て検討するための時間が作れず、個人が住宅ローンを組む機会も難しいことから、購入希望者が限られるのです。任意売却の方が債権者にとってもより多くの債権回収額を見込めるメリットがあります。

また、競売の場合には住宅を売却することがチラシやインターネットにより周知されてしまい、借金の問題が近所に知れてしまうことがあり、任意売却を選択する人も多くいます。

任意売却の利点を挙げてみると。

任意売却のメリットのひとつにあげることが出来るのはその不動産を売却した時の価格が競売の時よりも良いことが多いと言うことです。

もちろん100%そうであるとはいえませんが、私の経験ではほぼ任意売却の時の価格のほうが競売よりも良い値段でした。

これには理由があって、債務者が任意売却をする時には、普通の市場での販売となります。

つまり私たちがいつも見ている中古不動産物件の広告の欄に私たちが任意売却によって売りたい不動産が載るということです。

ですから他の中古物件と同じように判断され、良い値段がつくことが多いと言えるでしょう。

このように任意売却での売却を目指しますと、その売却価格のよさによって今後の住宅ローンなどの返済額が少し余裕が出るようになります。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar